結婚する前はよく聞く名字だったので出先で印鑑を忘れてしまった

22 8月

結婚する前はよく聞く名字だったので出先で印鑑を忘れてしまった

結婚する前はよく聞く名字だったので、出先で印鑑を忘れてしまった時などでもどこでも陳列されているような名字なので、困ることはまずありませんでした。

しかし、夫の姓は変わっていて、どこでも売っているわけではない。夫の親族以外でこの姓の人に出会ったことがないくらい珍しい姓で、印鑑屋で作ったときにも出来上がりを見たら違うこともあったと笑って夫が話していました。そんな笑い話のある名字なので、婚姻後に義母が私にちょっと立派な印鑑セットを贈ってくれました。ありがたく使わせていただいています。個人の実印を購入したいと思っている人は新しい生活が始まる頃に増えてきます。

実印の値段というものは、実に幅が広いです。安いものを探せば1000円以下という実印も存在していますし、中には10万円以上というものもあります。

重要な時に使用するものであることからそれなりの値段はつもりをして買っている人が多数です。チタンでできた実印はどれくらいするのか調べてみました。
白檀の印鑑と比べると、倍ぐらいになることがわかった。チタンは作るのが難しいそうで、レアメタルとして取り扱われているので、木の材料より高価になっているようです。

印鑑には安定性か印鑑の値段を取るか、どちらを重視するかは好みですね。
あまり高すぎても困るでしょうし、長く使えるような、大事にできるような好みも配慮しながら考えましょう。店が違うと値段が変わるだけでなく何本かのセットで販売したり、手彫りで作るかすべて機械彫りにするかを選べたりと決めることがたくさんありました。どうしても職人さんの手彫りは値段がはね上がります。

最高級と言われている象牙を使い手彫りにしたら値段は高価になります。個人的には黒水牛あたりがくっきりとした印影でお値段も手頃なのではないかと思います。成人した私に母が、下の名前が彫られたはんこをプレゼントしてくれました。

白い象牙というものでできたもので、高価なものだったのだろうと思います。銀行印として使用していますが、天国にいった母のことを思い出します。
子供が授かって、名前というのは親からの最初の贈り物なんだなあということも実感し、ますますその印鑑をいとおしく考えるようになりました。

娘が成人を迎える頃、私が母にしてもらったようにはんこを贈りたいと思います。

我が子の中学卒業記念に印鑑を作ってあげようと思っていました。

ネットで作成してもらったのですが、水牛を使用したもので、基本的に印鑑は高いと思っていましたが、とても高級感があるのにもかかわらずお値段は手ごろで、本当に良い買い物をしたと思います。日が経たないうちに、我が子名義の口座を作って、バイトしてもらったお金はそこに振り込まれました。

印鑑は大事だと認識してごちゃごちゃしたところに置かず紛失したりしないで欲しいです。実印をみるとたくさんの素材を使っているものがあるのですが、よく高級品と知られているのが象牙の印鑑です。
鮮明な印影、割れたり欠けたりしない、持った時の重厚感は象牙の他にはないとも言われているそうです。

最近人気の高いチタンの印鑑は、スマートな格好よさがあり、耐熱性もあると言われています。価格は象牙とチタンどちらも同じぐらいです。

常日頃使う機会はほとんどありませんが、大事な書類などはサインの横に押印をするのが実印です。

どこにでもあるような三文判を登録し、実印として使用も可能です。

実印がいる時は大事な事柄の時で、法的な効力を発揮する印鑑ですので、その役目にあった良いものを用意しておきたいものです。

印材の中では象牙、チタン、手頃な黒水牛が人気が高いようです。

ずっと大事に使用していたハンコの端が少しかけてしまったので、作りなおして新しくしました。

印鑑がかけているとお金が逃げていくという噂を聞いたからです。

せっかくなので苗字ではなく下の名前を入れました。
私の名前の漢字が形がすきだからです。

銀行印など、変更するのに面倒なこともありましたが、この際に使っていない口座などを解約して、気になっていたことをすっきりさせることができました。

解約しようと思ってそのままだったクレジットカードも処理したので、印鑑を新しくしたということで大事なものを整理しようと思うきっかけになりました。はんこはずっと使えるので、気に入ったものを持ちたいですよね。
人気なのは女性なら和柄、花柄などかわいい印象のはんこです。

かわいくてきっと愛着がわいてくると思います。和柄の印鑑をみると持ち手に金魚、ウサギ、桜などが描かれています。

ネイルアートのようなキラキラをつけた印鑑もあります。立体的な光る石がついた3Dデザインのはんこです。
スワロフスキーをつけた印鑑は、一見派手そうで落ち着いた大人のかっこよさもあります。

こんなかわいい印鑑はお祝いに贈っても喜ばれています。

ByJV